妊娠に役立つ洋服

冷え性改善のため

お腹

妊娠5か月を過ぎるとお腹がどんどん大きくなり、普通サイズの洋服は着られなくなるので、マタニティウェアの出番となります。マタニティウェアは、妊娠中の体形の変化を見越して作られているので、妊娠5か月から出産までずっと着られるのもメリットです。最近のマタニティウェアは、トレンドを取り入れたデザインの物も多く、一目でマタニティウェアだとはわからないクオリティにまで高まっています。マタニティウェアを着用する目的は、体型の変化に対応することが一番ですが、妊婦さんと赤ちゃんの健康のためにも着用が推奨されています。なぜなら、マタニティウェアは締め付けがないため、妊婦さんのむくみの原因を取り去ってくれるからです。体を締め付けると体の血流の流れが悪くなり、体内に水分が溜まるほか、つわりの原因にもなります。マタニティウェアはゆったりして体がリラックスできるので、むくみやつわりを軽減してくれます。また、マタニティウェアには体が冷えないような工夫もされているため、流産や早産のリスクも軽減できます。そして、マタニティウェアを着る目的は、妊娠生活を楽しむことでもあります。妊娠はとても貴重な10か月間であり、その時期にしかできないファッションをするのは、特別なこととして心に残るはずです。機能性、ファッション性に優れたマタニティウェアで、妊娠期を母子ともに安全に過ごせるようにしてみてはいかがでしょう。

お腹を圧迫しない構造

妊婦

マタニティウェアとは、妊娠中の女性が快適に着用できるようにと工夫して作られた衣類です。妊娠するとお腹が膨らんでくるため、マタニティウェアは基本的にお腹を圧迫しない形状となっています。たとえばジャケットやワンピースの場合は裾が広がっていますし、パンツやスカートの場合はウエストの部分が適度に伸びるゴムとなっているのです。またマタニティウェアにはインナーもあり、これもやはりお腹に過度な刺激を与えないように作られています。伸縮しやすい柔らかな素材が使われているので、お腹を締め付けない上に肌にも優しいのです。中には腹帯代わりに着用できるショーツもあり、これはお腹全体を優しく包み込み、なおかつお腹が重みで垂れないようにしっかりと支える構造となっています。生地が厚めなので保温効果もあり、お腹は冷えからも守られやすくなります。このようにマタニティウェアは、妊娠中の女性にとって非常に便利な衣類なのです。その分価格相場は通常の衣類の約1.5倍と、やや高めとなっています。中にはオーガニックコットンなど上質で安全性の高い素材で作られているマタニティウェアもあり、これは通常の衣類の約2倍の価格で販売されています。しかしその分着用することで、ストレスや物理的な危険の少ないマタニティライフとなります。また、お腹を保護するために頑丈な作りとなっているので、長持ちしやすい点からも評価されています。出産後にも、体型が戻るまでの間は着用を続けることができるのです。

自分と家族のために

妊婦

ベビー服ブームが訪れてからはや数年が経ち、今はマタニティウェアのブームがきています。マタニティウェアとは妊婦さんが妊娠している間に着る服の事です。ゆったりとしたゴム素材、コットンなどの体に優しい作りが特徴です。マタニティウェアはお腹周りが楽なデザインとなっています。ベビーとお母さんの両方に負担をかけないように工夫されています。有名な海外のブランドであれば、1着数万円もするものもありますが、最近は通販のお手頃価格なものが人気です。さて、マタニティウェアを選ぶ時に大切なのは何といってもサイズと素材です。10ヶ月ものあいだ重い体とすごしていくわけですから、夏や冬などシーズンによって使い分けをしなければならないのと同時に軽さも考慮しなければなりません。ワンピースやガウチョなどは特に人気で、子供を産んだ後もマタニティウェアを妊婦さん同士で売ったり譲る活動もあります。妊婦であっても普段と変わらず女でありたい女性にとっておしゃれなマタニティウェアは妊娠期のモチベーションにもなります。これからマタニティになる人は専用ショップをのぞいてみましょう。オリジナルの名前を入れてくれるものやベビーとお揃いなどバリエーションが豊富にあります。海外製品は少し高めですが、日本にはないデザインがあるため、サイトを除くだけでも楽しめます。柔らかで肌に優しい素材を選べばアレルギー体質な人でも安心して着ることが出来ます。