スニーカーのくまい

スニーカーとの組み合わせ

婦人

ミニスカートとハイヒールは定番で綺麗な組み合わせですが、スニーカーを組み合わせてもスカートの大人っぽさとスニーカーのカジュアルさのバランスが可愛いコーディネートになります。ミニスカートとスニーカーを合わせる時は、配色を考えるとうまくコーディネートすることができます。ミニスカートの色を白や黒、グレーなどの落ち着いた色合いにしてスニーカーはカラフルなものを選ぶと、スニーカーが主役のコーディネートが完成します。反対に鮮やかなピンクやイエローなどの派手な色をスカートに使い、スニーカーをグレーや黒などにするとミニスカートを引き立たせることができます。スカートとスニーカーの色を合わせて、あえて靴下の色を変えてもオシャレに仕上がります。また、ミニスカートにスニーカーを合わせる時は足の露出が増えるため、トップスなどの露出は控えめにすると全身のバランスがとれたコーディネートになります。さらにかかとが高くなっているスニーカーやインソールを入れたスニーカーを履くことで、足が細長く見えて美脚効果が得られます。デニム生地などの可愛らしいミニスカートに、あえてゴツゴツしたデザインのスニーカーを履くのも可愛さが引き立ちおすすめです。革やベロアでできたもの、スタッズのついたものなどスニーカーには様々な種類があります。同じミニスカートとスニーカーの組み合わせでもスニーカーの種類を変えるだけで雰囲気がガラッと変わるでしょう。

細部を確認する

洋服

実店舗では歩き回らなくてはいけないのが、ネット通販では家にいながらにしていろいろなブランドのものを見られるので便利です。特に服は、人とは違うものが欲しい時や、掘り出し物を探したい時に、ネット通販は楽に行うことができます。ミニスカートを購入する時もそうですが、他の製品とは違い注意することがあります。それは、きちんとサイズを確認することです。ミニスカートは、長さが大切です。短すぎてはいけないですし、長すぎると逆に足を美しく見せることができなくなってしまいます。ネット通販では、モデルにミニスカートをはかせている写真を見ることができますが、モデルの身長や足の長さも考慮に入れる必要があります。サイズ表で長さを確認するだけでなく、そのサイズに切った紙を用意して自分の足に当ててみることが大切です。また、ミニスカートの生地によって透け感があるものもあります。そのミニスカートだけではくと下着が透けてしまうということもあるので注意が必要です。実店舗では、実際に生地や縫い目を確認して購入することができますが、ネット通販では写真を確認することしかできません。大きくアップされている写真をじっくり見ることも大切ですが、実際に購入した人の口コミを確認することも大切です。いい評価だけでなく、悪い評価も確認しておくと、どんな不都合が想定されるかを事前に知ることができます。悪い評価の中には、ただ単に好みの問題もありますし、その人の体形の問題もあります。1番気にしなければならないのが、商品がもつ品質の問題で、それに納得できなければ購入を控えることも必要です。

ファッションの革命的存在

マネキン

現代では女性らしいスタイルの代名詞ともされるミニスカートですが、歴史はそれほど長くなく、初めてミニスカートが世に誕生したのは、1960年代です。それまではできるだけ肌の露出をせず、清楚な印象を与えるファッションが良しとされてきましたが、ロンドンのストリートから火がついたミニスカートにより、女性のファッションの歴史は大きな変換を遂げました。1960年代にロンドンの最先端ファッションを着こなすチェルシーガールと呼ばれる女性たちが、こぞってミニスカートを履くようになると、その余波はオートクチュールの世界にも現れました。カジュアルなファッションとして認知されていたミニスカートに、エレガントさがプラスされたデザインのものが発表され、フォーマルにも着られるミニスカートが定着していきました。若者だけではなく、幅広い女性に着用されるようになり、ミニスカートは一時の流行ではなく、ファッションの定番アイテムとなったのです。スカートの長さも、時代に合わせて流行が変わり、90年代のディスコブームでは、脚の付け根ギリギリのマイクロ丈のミニスカートが主流となりました。2000年代になると、マイクロ丈ではなく、膝より少し上の落ち着いたミニスカートがトレンドとなります。半世紀ほどの時代を経た後も、ミニスカートは女性の定番ファッションとして愛され続け、廃れる気配はありません。これからも、ファッションをけん引する存在となり続けるでしょう。